シミやシワを消すために私が雪肌ドロップ以外で行ったこと!

私は、小学校から高校までずっと陸上競技を行っていたこともあり、日焼けをしてしまっていました。

 

その時から、紫外線の害や日焼けが肌に及ぼす影響なども知っていたのですが、練習中は汗をかいてしまう事も多いため、日焼け止めを塗り直すということは簡単ではありませんでした。

 

 
後悔をしたのは、その後です。高校3年生になり、部活を引退しましたが、なかなか元のように戻りませんでしたし、目元にシミが出来てしまいました。

 

 

メイクをすることで、シミを隠すことは出来ましたが、それでもコンプレックスを感じていました。

 

 

そこで、私が美白ケアを本格的に行い始めたのが、高校を卒業してからでした。

 

 

私が行った方法としては、日焼け止めを塗るということはもちろんですが、これまでは朝に一度塗るとそのまま塗り直すということはありませんでしたが、状況に応じて雪肌ドロップを飲むようにしたことです。

 

 

そして、外出する時には、日傘を使用することが多くなりました。

 

 

これまでは日傘を使用するのは、恥ずかしかったということもあり、使用したこともありませんでしたが、美白を気にするという場合には、使ったほうが良いという情報があったので、コンパクトなタイプを選びました。

 

 
私が最も力を入れたのは、食事管理と睡眠時間を確保するということです。

 

インスタント食品やファストフード食品を多く食べていましたが、野菜を中心とした食事を心掛けるようにしたのと、睡眠時間を最低でも5時間は確保するようにしました。

 

 

美白ケアとして、化粧水や美容液などにも気をつけるようにした結果、徐々にではありますが、気になっていたシミが薄くなっていったように感じています。

 

 
私は紫外線が強くなる夏だけではなく、冬もケアをしていました。

 

 

私の住む地域は雪が降るため、雪に紫外線が反射していまい、夏と同じように日焼けをする可能性があったためです。

 

 

最初は面倒に感じていたケアも、今は習慣になったこともあり、面倒に感じることも無くなりました。

ビューティーマニアの雪肌ドロップに出会うまで!悲惨なシミ!

昔から肌トラブルで悩んだことは無く、友達からも肌綺麗だねといわれていたので、シミ対策などはまだまだ先だなと学生のころは勝手に思い込んでいました。

 

 

外で活動する運動部に所属していた私でしたが、そのころは日焼けサロンも流行っていて肌が黒い方が細く見えるし今っぽくて可愛いなとも思っていて、日焼け止めなど塗ったことはありませんでした。

 

 

もともと色白で焼けても赤くなるだけで、色黒に憧れていたのもあり、日差しを思いっきり浴びるのが大好きでした。

 

 

社会人になってやっと、日焼け止めを日常的に塗り始めました。

 

日差しを浴びる前に職場に着き、仕事が終わるのは暗くなってからという日々だったので、日を浴びることはめったに無く、肌も白く本当に自慢の肌でした。

 

 

これでは遅かったと気づいたのはお肌の曲がり角とよばれる25歳のころでした。

 

 

男の子を2人出産し、公園に遊びに行く日々。真夏の暑い日でも子供達はとっても元気。

 

公園プール公園プール、そんな日々のローテーションでした。

 

 
なんとなく覗き込んだ車のルームミラー。

 

 

あれ?目の周りに黒いポツポツがたくさん!

 

 

びっくりしました。

 

 

自分じゃないかと思うくらい。

 

 

普段メイクしているときは顔全体を見ていたから気づかなかったのか、目の近くをアップしてみるとたくさんのシミに気づいてしまいました。

 

 

もともとほくろは多いほうだったのですが、ほくろも増えてしまったような。

 

 

そりゃそうだよな、安い日焼け止めを薄くつけただけで、毎日毎日炎天下の下を遊びまわっているんだもの。

 

 

周りの公園にあそびにきているママたちをみていると、しっかり帽子をかぶり、サングラスをしたりアームカバーはもう必須!という感じでした。

 

 

きっと学生のころからしっかりケアしていたら、あの自慢の肌は健在だったのだろうなと思うと後悔しかありません。

 

 

今は男の子2人ですが、この先もし女の子を授かれたら、娘にはお肌のケアはちゃんと教えてあげたいなと思っています。

 

とりあえず今は日焼け止めクリームと雪肌ドロップを併用して使っています。

 

ビューティマニアというところで買いました。

雪肌ドロップで紫外線カットは効果なし!?実際にレビュー!

元々皮膚が弱いタイプであり、夏場になると紫外線による影響が深刻でした。

 

日傘をさしても100%防げるものではありませんし、日焼け止めクリームによってはかえって肌に刺激を与えてしまうこともあります。

 

ですから、自分の肌質に合うものを探し出すのがとても大変ですし、かといって日焼け止めクリームを塗らないというのも肌への負担が大きくて現実的ではありません。

 
日焼け止めクリームをあまり塗らなかった間に、小さなシミがたくさんできてしまいました。

 

ほくろも増えたように感じますが、大きさや色がシミと似ていますので、実際にはどちらかという区別はつけにくくなっています。

 

色素の濃いものですので化粧でカバーすることができませんので、根本的に治すために日焼け止めクリームを見直すことにしました。

 
仕事に行く時には外を長時間歩くわけではありませんので、SPF値の小さいタイプを利用しています。

 

どれくらいの間、効果が持続するのかをあらかじめ確認し、可能な限り塗り直すようにしています。

 

野外での活動を行う際には、ずっと日傘をさしているわけにもいきませんので、SPF値の大きなものを利用しています。

 

ただしSPF値の大きいものは肌への負担が大きいので、家に帰ったらすぐに洗い流すようにしています。

 

最近は、肌荒れが心配なので雪肌ドロップを購入しました。

 


日焼け止めクリームは、何で洗い流すことができるかもとても重要です。

 

中には石鹸でも洗い流せるタイプがありますが、このような商品なら簡単に落とすことができますので、きちんと洗えば肌に残る心配がありません。

 

メイク落としでもなかなか落ちないタイプはよく洗っても残ってしまうことがありますし、よく洗おうとすると肌をゴシゴシとこすってしまいますので、敏感肌へのダメージは大きいような気がします。

 
大事なのは、どのような天候であっても日焼け止めクリームをつけ忘れないようにすることです。

 

このことに気をつけながらしばらく対策を講じたところ、シミやほくろが少しだけ目立たなくなりました。

紫外線吸収剤を使用した結果!雪肌ドロップにしておけば

若い頃、塗るとべたつき感が出るのが嫌で、夏場でもほとんど日焼け止めを塗っていませんでした。
そのつけが回ってきたのか、30代中盤あたりからシミやほくろが気になりだしたのです。


このままだと、もっとシミ・ほくろが増えたり濃くなるかも・・・と思い、毎日日焼け止めを塗る事にしました。

 

 

ただ、塗ると肌が赤くなったりヒリヒリするといった、肌トラブルが起こる事が増えました。
最初は何でトラブルが出ているのか分からなかったのですが、色々と調べてみると日焼け止めに原因があると分かったんです。
私が使用していたのは「紫外線吸収剤」という、成分を配合した商品です。
この紫外線吸収剤は紫外線を化学反応によって、肌の内部に届かせないという作用があります。
紫外線吸収剤を配合した日焼け止めは伸びも良く、色も白くならない、べたつかないと色々なメリットがある一方、肌質によっては化学反応によって、様々な肌トラブルが出てしまうようです。

 

私も紫外線吸収剤が、肌に合わないタイプだったのでしょう。
使用を中止したら肌トラブルはでなくなりました。

 

最初から気になっていた雪肌ドロップにしておくべきだったんです。
ただ、シミ・ほくろが怖いので、やっぱり日焼け止めを塗るのが良い思い、色々と調べてみて今は紫外線散乱剤という成分を配合した商品で紫外線対策をしています。
紫外線散乱剤は化学反応ではなく、物理的に紫外線を反射して日焼けさせない成分と言われています。
紫外線散乱剤入りのものだと、すぐに肌トラブルが出ていましたが紫外線散乱剤入りのものに変えてからは、ほとんど起こっていません。


ただ、紫外線散乱剤を配合した商品は塗ると、少し白っぽくなってしまいます。
なので、あまり厚塗りにはせずファンデーションで、日焼け止めの白っぽさを調整するようにしています。

 

今までほとんど日焼け止めを塗っていなかったので最初は、べたつき感などが気になりましたが毎日塗るようになった今は、違和感も無くなりました。
逆に今は雪肌ドロップがないと不安に感じるほどです。

メラニン色素が及ぼす恐怖!雪肌ドロップで対策はできるのか

私は結構日焼け止めを利用するタイプです。

というのも、メラニン色素がたまりやすいのか、シミやほくろがすぐにできてしまうという特徴があるからです。

 

日焼け止めも、汗をかいてしまうとすぐに落ちてしまうものがあるのでお気に入りのものを探すのにずいぶん苦労しました。

 

雪肌ドロップをネットで見つけて購入したところ、一度塗ると暑い日であっても落ちることはなく、かてて加えて、しっかりと日射をカットしていることをひしひしと感じました。

 

紫外線があたると私は肌が弱いので、すぐにわかるのですが、日焼け止めを塗ることで、ずいぶんカットできるということがわかりました。

 

雪肌ドロップのおかげでシミやほくろについても、最近ではあまり増えていないように感じます。

 

日焼け止めをこまめに使用することで、ほくろはともかくとして、シミはだんだん減っているように感じています。

 

メラニン色素というのは、肌の中で集まってしまうという特徴があるといわれます。

 

ですから、UVの影響を最小限にし、かつ肌をカバーする成分が十分に含まれているメーカーのものを、口コミも参考にしながら、しっかりと選ぶことが重要になってきます。

 

お肌の曲がり角を迎えたわたしたちの年代では、日々の日焼け止め、そして日傘などを利用しながら、ケアをしていくことが必要となってくるでしょう。

 

自分自身に合った製品をどう選んでいくのか、最も重要なところは、科学的な情報をしっかりカバーしながら、ネットで情報収集していくことが今後最も重要になっていくでしょう。

 

メラニン色素というのは、人間にとっては必要なものではありますが、ちょっとしたいたずらを肌にもたらすところがあります。

雪肌ドロップをうまくりようして、太陽のめぐみを、自分の良い方向にだけ利用していくことが大切になっていくでしょう。

 

私も、これから美容のための情報を収集していきたいと思っていますので、日焼け止めメーカーには頑張ってもらいたいと思う次第です。

 

体験談のほうもしっかり読んで製品を選んでくださいね。