雪肌ドロップは日光アレルギーでも使って良いのか?実践してみた

肌のくすみが強く、暗い印象だと感じていたため、対策を始めました。

 

 

まず取り組んだのが、日常でも外に出るときは日焼け止めを付けるという事でした。

 

特に日光アレルギーがあるようで、曇っている日でもそのまま肌を出していると、じんましんのように赤いぶつぶつができてしまっていたので、それを防ぐ意味もあり日焼け止めを塗るようになりました。

 

 

塗り始めたのはもう30年近く前になります。

 

 

まだ子供でしたが、日に当たることで日焼けし、そこから肌荒れにつながってシミとなって残ってしまうという事が多かったので、何とか紫外線を防ぐ対策をしたかったのです。

 

 

今のように多くの商品が出ているわけではなく、選択肢も少なかったです。

 

 

周りにほとんど使っている人がいなかったので情報もなく、今のようにインターネットで調べるわけにもいかなかったので苦労しました。

 


大人になってからは日焼け止め商品の数も増えましたし、それ以外の美白化粧品なども多くなってきたので、そういったものを利用して対策していました。

 

 

化粧品の効果はよくわかりませんが、日焼け止めをきちんと塗っておくことで肌の状態も良くなり、シミもできにくくなりました。

 

 
ポイントは、大丈夫だと思うときにでも塗っておくという事です。

 

 

曇りの時でも、夏以外の時でも紫外線は降り注いでいます。

 

 

軽いものでもよいので、服から出ているところは塗っておかないといけません。

 

 

私は肌に赤いぶつぶつが出るので気が付きましたが、意外とそういったことに気が付いていなくて対策ができていない方が多いように感じます。

 

 

また、家の中にいてもちょっと窓際で日差しを浴びてしまうときや、洗濯物を干しにちょっと外に出ただけでも紫外線のダメージは受けてしまうようです。

 

 

そういったことを防げるように、普段から使える肌に優しいものも用意しておくと便利です。

 

 

私は普段は赤ちゃんにも使える石鹸で落とせるタイプ、長時間外を歩く場合はウォータープルーフタイプと使い分けています。

雪肌ドロップの紫外線カットの効果について!体験を含めて~

私の父は日本人ですが、目の色が薄く髪の色も茶色く色も白いです。

 

 

母は剛毛の黒髪ですが色は白いです。父に似た私も目の色が茶色く若い頃は薄く緑が入っていました。

 

 

髪も栗毛色で肌も黄色い白さというよりはピンク色の白さに近いものです。

 

 

子供の頃はぽっちゃりしていたこともあり、しろぶたと呼ばれていました。

 

運動神経は鈍くても水泳だけは得意な子供でした。

 

 

私の子供の頃は今ほど紫外線も強くなく、紫外線という言葉自体が知られていない時代でした。

 

 

そのため夏はプールでどれだけ黒くなるかを競うような小学校時代を送りました。

 

 

色の白い私は赤くなりうっすらと水着の後が付くくらいで黒くなることなく、色白のまま夏休み明けを迎えるのが常でした。

 

 

高校生の頃、市営プールへ遊びに行き、日焼けをしようと思い、休憩時間に甲羅干しをしていました。

 

その日は日差しが強かったのかもしれません。

 

 

帰ってきた後日焼けした場所全部に蚊に刺された時の様なぷっくりしたものができ、それがあれよあれよという間に全部繋がってしまいました。

 

 

紫外線アレルギーによる蕁麻疹でした

 

 

その時から私には日焼けは向いていないと悟り、極力日焼け止めを使用する事にしたのです。

 

 

世はまだ小麦色の肌がもてはやされていた時代でしたが、私は自分には向かないものと諦めて独自に美白につとめる事にしました。

 

 

色白の難でそばかすはありましたし、日焼け止めを忘れてちょっと焼けるだけでやけどめいた状態になってしまい、苦労も多かったように思います。

 

 

また、肌に合わない日焼け止めにも泣かされた事もありました

 

 

元々白く生まれてしまったのを悔しく思った事もありましたが、おかげで50代の声が聞こえてくる今になっても、ほとんどシミはなく、色も白いままです。

 

 

おそらく自覚している以上に白いため人に驚かれることがたびたびあります。

 

 

とにかく、室内でも1年中日焼け止めはかかさず、なるべくビタミンCを摂るようにし、日差しには極力当たりません。

 

 

そして雪肌ドロップもはじめました。

 

 

しろぶたちゃんはすっきり痩せた色白の魔女めいたおばあちゃん予備軍になりつつあります。

シミやシワを消すために私が雪肌ドロップ以外で行ったこと!

私は、小学校から高校までずっと陸上競技を行っていたこともあり、日焼けをしてしまっていました。

 

その時から、紫外線の害や日焼けが肌に及ぼす影響なども知っていたのですが、練習中は汗をかいてしまう事も多いため、日焼け止めを塗り直すということは簡単ではありませんでした。

 

 
後悔をしたのは、その後です。高校3年生になり、部活を引退しましたが、なかなか元のように戻りませんでしたし、目元にシミが出来てしまいました。

 

 

メイクをすることで、シミを隠すことは出来ましたが、それでもコンプレックスを感じていました。

 

 

そこで、私が美白ケアを本格的に行い始めたのが、高校を卒業してからでした。

 

 

私が行った方法としては、日焼け止めを塗るということはもちろんですが、これまでは朝に一度塗るとそのまま塗り直すということはありませんでしたが、状況に応じて雪肌ドロップを飲むようにしたことです。

 

 

そして、外出する時には、日傘を使用することが多くなりました。

 

 

これまでは日傘を使用するのは、恥ずかしかったということもあり、使用したこともありませんでしたが、美白を気にするという場合には、使ったほうが良いという情報があったので、コンパクトなタイプを選びました。

 

 
私が最も力を入れたのは、食事管理と睡眠時間を確保するということです。

 

インスタント食品やファストフード食品を多く食べていましたが、野菜を中心とした食事を心掛けるようにしたのと、睡眠時間を最低でも5時間は確保するようにしました。

 

 

美白ケアとして、化粧水や美容液などにも気をつけるようにした結果、徐々にではありますが、気になっていたシミが薄くなっていったように感じています。

 

 
私は紫外線が強くなる夏だけではなく、冬もケアをしていました。

 

 

私の住む地域は雪が降るため、雪に紫外線が反射していまい、夏と同じように日焼けをする可能性があったためです。

 

 

最初は面倒に感じていたケアも、今は習慣になったこともあり、面倒に感じることも無くなりました。

ビューティーマニアの雪肌ドロップに出会うまで!悲惨なシミ!

昔から肌トラブルで悩んだことは無く、友達からも肌綺麗だねといわれていたので、シミ対策などはまだまだ先だなと学生のころは勝手に思い込んでいました。

 

 

外で活動する運動部に所属していた私でしたが、そのころは日焼けサロンも流行っていて肌が黒い方が細く見えるし今っぽくて可愛いなとも思っていて、日焼け止めなど塗ったことはありませんでした。

 

 

もともと色白で焼けても赤くなるだけで、色黒に憧れていたのもあり、日差しを思いっきり浴びるのが大好きでした。

 

 

社会人になってやっと、日焼け止めを日常的に塗り始めました。

 

日差しを浴びる前に職場に着き、仕事が終わるのは暗くなってからという日々だったので、日を浴びることはめったに無く、肌も白く本当に自慢の肌でした。

 

 

これでは遅かったと気づいたのはお肌の曲がり角とよばれる25歳のころでした。

 

 

男の子を2人出産し、公園に遊びに行く日々。真夏の暑い日でも子供達はとっても元気。

 

公園プール公園プール、そんな日々のローテーションでした。

 

 
なんとなく覗き込んだ車のルームミラー。

 

 

あれ?目の周りに黒いポツポツがたくさん!

 

 

びっくりしました。

 

 

自分じゃないかと思うくらい。

 

 

普段メイクしているときは顔全体を見ていたから気づかなかったのか、目の近くをアップしてみるとたくさんのシミに気づいてしまいました。

 

 

もともとほくろは多いほうだったのですが、ほくろも増えてしまったような。

 

 

そりゃそうだよな、安い日焼け止めを薄くつけただけで、毎日毎日炎天下の下を遊びまわっているんだもの。

 

 

周りの公園にあそびにきているママたちをみていると、しっかり帽子をかぶり、サングラスをしたりアームカバーはもう必須!という感じでした。

 

 

きっと学生のころからしっかりケアしていたら、あの自慢の肌は健在だったのだろうなと思うと後悔しかありません。

 

 

今は男の子2人ですが、この先もし女の子を授かれたら、娘にはお肌のケアはちゃんと教えてあげたいなと思っています。

 

とりあえず今は日焼け止めクリームと雪肌ドロップを併用して使っています。

 

ビューティマニアというところで買いました。

紫外線吸収剤を使用した結果!雪肌ドロップにしておけば

若い頃、塗るとべたつき感が出るのが嫌で、夏場でもほとんど日焼け止めを塗っていませんでした。
そのつけが回ってきたのか、30代中盤あたりからシミやほくろが気になりだしたのです。


このままだと、もっとシミ・ほくろが増えたり濃くなるかも・・・と思い、毎日日焼け止めを塗る事にしました。

 

 

ただ、塗ると肌が赤くなったりヒリヒリするといった、肌トラブルが起こる事が増えました。
最初は何でトラブルが出ているのか分からなかったのですが、色々と調べてみると日焼け止めに原因があると分かったんです。
私が使用していたのは「紫外線吸収剤」という、成分を配合した商品です。
この紫外線吸収剤は紫外線を化学反応によって、肌の内部に届かせないという作用があります。
紫外線吸収剤を配合した日焼け止めは伸びも良く、色も白くならない、べたつかないと色々なメリットがある一方、肌質によっては化学反応によって、様々な肌トラブルが出てしまうようです。

 

私も紫外線吸収剤が、肌に合わないタイプだったのでしょう。
使用を中止したら肌トラブルはでなくなりました。

 

最初から気になっていた雪肌ドロップにしておくべきだったんです。
ただ、シミ・ほくろが怖いので、やっぱり日焼け止めを塗るのが良い思い、色々と調べてみて今は紫外線散乱剤という成分を配合した商品で紫外線対策をしています。
紫外線散乱剤は化学反応ではなく、物理的に紫外線を反射して日焼けさせない成分と言われています。
紫外線散乱剤入りのものだと、すぐに肌トラブルが出ていましたが紫外線散乱剤入りのものに変えてからは、ほとんど起こっていません。


ただ、紫外線散乱剤を配合した商品は塗ると、少し白っぽくなってしまいます。
なので、あまり厚塗りにはせずファンデーションで、日焼け止めの白っぽさを調整するようにしています。

 

今までほとんど日焼け止めを塗っていなかったので最初は、べたつき感などが気になりましたが毎日塗るようになった今は、違和感も無くなりました。
逆に今は雪肌ドロップがないと不安に感じるほどです。