雪肌ドロップは日光アレルギーでも使って良いのか?実践してみた

肌のくすみが強く、暗い印象だと感じていたため、対策を始めました。

 

 

まず取り組んだのが、日常でも外に出るときは日焼け止めを付けるという事でした。

 

特に日光アレルギーがあるようで、曇っている日でもそのまま肌を出していると、じんましんのように赤いぶつぶつができてしまっていたので、それを防ぐ意味もあり日焼け止めを塗るようになりました。

 

 

塗り始めたのはもう30年近く前になります。

 

 

まだ子供でしたが、日に当たることで日焼けし、そこから肌荒れにつながってシミとなって残ってしまうという事が多かったので、何とか紫外線を防ぐ対策をしたかったのです。

 

 

今のように多くの商品が出ているわけではなく、選択肢も少なかったです。

 

 

周りにほとんど使っている人がいなかったので情報もなく、今のようにインターネットで調べるわけにもいかなかったので苦労しました。

 


大人になってからは日焼け止め商品の数も増えましたし、それ以外の美白化粧品なども多くなってきたので、そういったものを利用して対策していました。

 

 

化粧品の効果はよくわかりませんが、日焼け止めをきちんと塗っておくことで肌の状態も良くなり、シミもできにくくなりました。

 

 
ポイントは、大丈夫だと思うときにでも塗っておくという事です。

 

 

曇りの時でも、夏以外の時でも紫外線は降り注いでいます。

 

 

軽いものでもよいので、服から出ているところは塗っておかないといけません。

 

 

私は肌に赤いぶつぶつが出るので気が付きましたが、意外とそういったことに気が付いていなくて対策ができていない方が多いように感じます。

 

 

また、家の中にいてもちょっと窓際で日差しを浴びてしまうときや、洗濯物を干しにちょっと外に出ただけでも紫外線のダメージは受けてしまうようです。

 

 

そういったことを防げるように、普段から使える肌に優しいものも用意しておくと便利です。

 

 

私は普段は赤ちゃんにも使える石鹸で落とせるタイプ、長時間外を歩く場合はウォータープルーフタイプと使い分けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA