雪肌ドロップで紫外線カットは効果なし!?実際にレビュー!

元々皮膚が弱いタイプであり、夏場になると紫外線による影響が深刻でした。

 

日傘をさしても100%防げるものではありませんし、日焼け止めクリームによってはかえって肌に刺激を与えてしまうこともあります。

 

ですから、自分の肌質に合うものを探し出すのがとても大変ですし、かといって日焼け止めクリームを塗らないというのも肌への負担が大きくて現実的ではありません。

 
日焼け止めクリームをあまり塗らなかった間に、小さなシミがたくさんできてしまいました。

 

ほくろも増えたように感じますが、大きさや色がシミと似ていますので、実際にはどちらかという区別はつけにくくなっています。

 

色素の濃いものですので化粧でカバーすることができませんので、根本的に治すために日焼け止めクリームを見直すことにしました。

 
仕事に行く時には外を長時間歩くわけではありませんので、SPF値の小さいタイプを利用しています。

 

どれくらいの間、効果が持続するのかをあらかじめ確認し、可能な限り塗り直すようにしています。

 

野外での活動を行う際には、ずっと日傘をさしているわけにもいきませんので、SPF値の大きなものを利用しています。

 

ただしSPF値の大きいものは肌への負担が大きいので、家に帰ったらすぐに洗い流すようにしています。

 

最近は、肌荒れが心配なので雪肌ドロップを購入しました。

 


日焼け止めクリームは、何で洗い流すことができるかもとても重要です。

 

中には石鹸でも洗い流せるタイプがありますが、このような商品なら簡単に落とすことができますので、きちんと洗えば肌に残る心配がありません。

 

メイク落としでもなかなか落ちないタイプはよく洗っても残ってしまうことがありますし、よく洗おうとすると肌をゴシゴシとこすってしまいますので、敏感肌へのダメージは大きいような気がします。

 
大事なのは、どのような天候であっても日焼け止めクリームをつけ忘れないようにすることです。

 

このことに気をつけながらしばらく対策を講じたところ、シミやほくろが少しだけ目立たなくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA