紫外線吸収剤を使用した結果!雪肌ドロップにしておけば

若い頃、塗るとべたつき感が出るのが嫌で、夏場でもほとんど日焼け止めを塗っていませんでした。
そのつけが回ってきたのか、30代中盤あたりからシミやほくろが気になりだしたのです。


このままだと、もっとシミ・ほくろが増えたり濃くなるかも・・・と思い、毎日日焼け止めを塗る事にしました。

 

 

ただ、塗ると肌が赤くなったりヒリヒリするといった、肌トラブルが起こる事が増えました。
最初は何でトラブルが出ているのか分からなかったのですが、色々と調べてみると日焼け止めに原因があると分かったんです。
私が使用していたのは「紫外線吸収剤」という、成分を配合した商品です。
この紫外線吸収剤は紫外線を化学反応によって、肌の内部に届かせないという作用があります。
紫外線吸収剤を配合した日焼け止めは伸びも良く、色も白くならない、べたつかないと色々なメリットがある一方、肌質によっては化学反応によって、様々な肌トラブルが出てしまうようです。

 

私も紫外線吸収剤が、肌に合わないタイプだったのでしょう。
使用を中止したら肌トラブルはでなくなりました。

 

最初から気になっていた雪肌ドロップにしておくべきだったんです。
ただ、シミ・ほくろが怖いので、やっぱり日焼け止めを塗るのが良い思い、色々と調べてみて今は紫外線散乱剤という成分を配合した商品で紫外線対策をしています。
紫外線散乱剤は化学反応ではなく、物理的に紫外線を反射して日焼けさせない成分と言われています。
紫外線散乱剤入りのものだと、すぐに肌トラブルが出ていましたが紫外線散乱剤入りのものに変えてからは、ほとんど起こっていません。


ただ、紫外線散乱剤を配合した商品は塗ると、少し白っぽくなってしまいます。
なので、あまり厚塗りにはせずファンデーションで、日焼け止めの白っぽさを調整するようにしています。

 

今までほとんど日焼け止めを塗っていなかったので最初は、べたつき感などが気になりましたが毎日塗るようになった今は、違和感も無くなりました。
逆に今は雪肌ドロップがないと不安に感じるほどです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA